神門鍼灸整骨院スタッフによるつぶやきコラム

2016.07.28更新

皆さん、こんにちは!

7月下旬になり、暑さも厳しくなってきました。

この季節になると要注意なのが「熱中症」です。

熱中症とは簡単にいうと、

暑い環境(炎天下、換気の悪い室内など)において、身体が「もう無理!これ以上たえられないよー!」と悲鳴を上げている状態です。

ひとくくりに熱中症といっても、症状などにより呼び方や危険レベルが違ってきますが、

今日は危険レベルと処置について少しだけ紹介したいと思います。

 

*軽度:めまい、立ちくらみ、汗が止まらない

 処置⇒水分補給、水分だけでなく塩分もしっかり摂りましょう!

*中等度:頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感

 処置⇒水分補給、足を高くして休みましょう!

*高度:意識がない、呼びかけに対して応答がない、痙攣、まっすぐ歩けない

 処置⇒氷や水で脇、首、足の付け根を冷やしましょう!

    もしくは、救急車を呼んで早急に病院に行きましょう!

 

初期症状は同じことが多く、注意して対応してください。

熱中症にならないためには、水分補給(塩分も)と無理をしないことです。

運動中は特に気を付けましょう!

一番怖いのは脱水症状になることです。

脱水症状になると、体温はどんどん上がってきます。

なので、体温を下げるという意味でも水分補給は大事です。

室内にいるときもエアコンや扇風機など、暑い空気をため込まないようにしましょう。

 

交通事故 ムチウチ 治療 骨折 打撲
鍼灸 マッサージ メディカルアロマ 
骨盤 猫背 姿勢 矯正 小顔 エステ

〒663-8176
兵庫県 西宮市 甲子園 六番町16-8
神門鍼灸整骨院
0120-314-238 (予約優先制)
 
受付時間 平日・土曜 9:00-20:00

     日曜・祝 9:00-14:00

 

 

 

投稿者: 神門鍼灸整骨院

contact_img.png
  • tel_img01.jpg
  • tel_img02.jpg