症状別

むち打ち

交通事故の症状のうち、最も多いと言われているのがこのむち打ちです。
むち打ちは正式名称を「外傷性頸部症候群」「頸椎捻挫」と言い、レントゲン検査では確認しづらい筋肉や靭帯などの損傷から発症することが多く、この症状を放っておくと慢性的な肩こりなどの後遺症が残ることがあります。

むち打ちの種類

<頸椎捻挫型>

首の筋肉や靭帯が損傷することで、首や背中などに痛みが生じるほか、運動制限などの症状も現れます。

<神経根症状型>

頸椎の神経が圧迫されることで、首に痛みが生じるほか、頭痛、腕のしびれ、筋力低下などの症状も現れます。

<バレ・リュー症候群型>

後部交感神経が損傷・圧迫されることで頭部への血流が妨げられ、頭痛や耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。

ハンドル外傷

正面衝突による交通事故などでよく起こる外傷です。事故の衝撃により体が前に投げ出され、胸部や腹部をハンドルに強打することで発生します。
このハンドル外傷は、シートベルトを着用することにより高い確率で防止することができます。

頸椎・腰椎ヘルニア

頸椎・腰椎ヘルニアは、頸椎・腰椎の椎間板に強い圧力が加わり、中の髄核がズレることで様々な神経障害を引き起こします。初期段階では「手のしびれ」「運動障害」「こり」などの症状があり、悪化すると肩甲骨や腕に痛みが生じたり、急性の腰痛などが発生したりします。

当院のヘルニア治療について

ヘルニアは、基本的に「一生付き合っていかなければいけない病気」と考えられていますが、当院で鍼灸治療や高周波治療器などによる治療を受けられた患者様の多くが、半年程度で症状改善をはたされています。また再発率が非常に少ないのも、当院のヘルニア治療の特徴です。
当院では上記の治療方法以外にも、骨盤矯正も取り入れて、患部だけを診るのではなく体全体のバランスを考えて治療を行うことで、ヘルニアの症状改善、また再発防止を目指します。

腰痛

腰痛については様々な原因が考えられるため、カウンセリングと原因究明を重視し、原因に合った適切な治療を施します。

頭痛・吐き気

交通事故後、頭痛、吐き気といった症状が現れることがあります。原因としましては、「交通事故による強い衝撃を受けたため」「バレ・リュー症候群型」「事故による精神的ショック」「頸椎の捻挫による筋肉や損傷、また過度の緊張」などが考えられます。
これらの症状につきましても、当院で治療を受けられることで改善させることが可能です。

患部のしびれ

交通事故の強い衝撃により、体の局部にしびれが生じることがあります。そのうち最も多いのが手足のしびれです。この症状が悪化すると、めまいや吐き気などを感じるようになることもありますので、軽度だからといってそのまま放っておかずに、すぐに当院で治療を受けられるようにしてください。

内科疾患

交通事故後、高血圧、夜眠れない、多汗症などの内科疾患の症状が現れることがあります。
整骨院の多くは、「痛み」に対しての治療には対応しているものの、こうした内科疾患には対応していないところもたくさんあります。
当院では、内科疾患の症状につきましても、様々な治療アプローチにより対応が可能です。上記のような症状でお悩みであれば、まずは当院までご相談ください。

contact_img.png
  • tel_img01.jpg
  • tel_img02.jpg